1-2.jpg
歯周病専門外来

歯周病とは

歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病があります。むし歯は“歯そのもの”が破壊される病気ですが、歯周病は“歯を支えるまわりの組織(歯周組織)”に起こる病気です。 
自分で気がつかない軽い歯周病を含めると、40歳以上の成人のうち、5人に4人以上が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。 
提携大学からエキスパートが来院し、大学へ足を運ばなくても同等レベルの治療が受けられます。

歯周病はどうして起こるの

歯周組織は歯肉(歯ぐき)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根(歯の根元)をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えています。 
しかし、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。これが歯周病の始まりです。 

歯周病が進行すると

修正1.jpg

初めは自覚症状がなく、鏡で見ても気がつきませんが、そのうち歯肉が赤くなったり腫れたりします。

プラークが石灰化し歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯肉が付着している部分にすき間(歯周ポケット)ができます。 
さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなります。この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。 

歯周病治療

GTR(歯周組織誘導再生治療)法をご存じですか?歯周病で失った歯槽骨や歯ぐきを再生する最先端の治療技術です。 健康的で美しいお口の状態がよみがえります。 
1980年代の初期に科学者と歯科医師と企業との間で患者さんの歯を救う新しい方法を開発するためのユニークな協力関係が生まれました。その結果、歯を救う新しい方法として、線維を誘導し歯の支持構造を再生させる術式が開発されました。 

歯周病治療

再生による治療法 

従来の方法の目的はポケットを減少させることでした。そのために歯肉の位置が低くなり歯が以前より長く見える場合があります。 
再生による治療の目的は、歯が機能するための支持構造を回復させることです。このため歯肉の位置も維持することができます。 

生物学的な原理で歯を救う 

再生が起こるためには、付着線維をつくることができる細胞だけが歯根に接触するようにしなければなりません。すると、付着線維がゆっくりと成長します。 

最先端の術式 

再生による治療法は従来の歯周外科に含まれるすべての術式と関連していますが、ただ一つ重要な違いがあります。 
それは手術によりプラークや歯石を除去した後にメンブレンを歯肉の下に置く事です。4~6週間後にそのメンブレンを取り出します。すると歯は健康な組織で覆われています。