1-2.jpg
修正1.jpg
歯の移植・再建

抜歯から保存将来の再生医療の為のリサイクル

ご存知ですか?  
 

抜歯した親知らずや小臼歯は再活用できます。 
虫歯で抜歯したところへの移植へ。 
いつか難病にかかったとき、再生医療へ活用するために。 
せっかくのご自分の歯。 
冷凍保存することで最大限活用してみませんか? 
 

​歯の移植・再植のメリット

自分の歯だから、噛み心地もスムース 

 

ご自分の歯を移植すると、歯と歯槽のあいだの歯根膜が再生されてきます。 
歯根膜は、ものを噛んだ時にクッションの役割を果たすため、自前の歯で噛んでいる感覚が戻ってくるというメリットがあります。ご自分の歯ならではの、しっかり安定して埋め込まれた、噛み応えのある歯をつくれるのです。 
 

​歯の移植・再植『歯牙移植』

抜歯対象の歯で修復 

 

智歯(親知らず)や咬み合わせのない歯、転位した歯や矯正治療のため抜歯の対象となる歯を、歯が欠如している部分へ移植したり歯冠破折や歯根破折など割れた部分を修復し再植することも可能です。 

健康保険が適用できる 

 

歯牙移植には健康保険が適用できるため、患者さんの負担が軽減します。 


◆CTを用いた最新歯科治療 

 

CTを用いることで安心・安全な治療が可能です 

当院では、SimPlant®(シムプラント:インプラント術前シミュレーションソフト)

を活用して、インプラント治療を実施しています